トレランスについて (納品枚数の許容範囲)

Updated 7 months ago by WOLFPACK JAPAN

海外提携工場側では厳重な品質管理体制を敷いており、不良品及び規格外の商品を出荷しないように納品までの工程を徹底してます。よって製造過程で規格を満たしていない場合、検品時での破棄が必要となり納期の先送りを避けるため発注枚数より予め多めに製造し調整します。(プラスの場合は500枚以上から適応)

および、生産許容度が-5%から+5%に設定されます。検品時における破棄の可能性を考慮して、弊社ではご発注数量の商品を出荷する為に予定数量以上の製造を行っております。一方、検品時の過程において納品可能な数量が発注数に満たない場合も稀にあります。仮に納品可能数が発注数を下回る場合、まず納品可能数を発送させていただき、不足分の返金等の手続きを取らさせていただいております。

以上の点を踏まえてご理解いただき、必要な納品数量に許容範囲を考慮した発注を予め設定ください。


How did we do?


Powered by HelpDocs (opens in a new tab)