ジャケットの加工について

Updated 10 months ago by WOLFPACK JAPAN

・ツヤあり: 表面にツヤのある光沢を与えた加工。発色も高く、煌びやかな印象になります。

・ツヤ消し: 通称「マット・コーティング」と呼ばれ、ジャケットの表面をツヤ消し加工しております。落ち着きのある上品な仕上がりになります。

・リバースプリント: 通常のジャケットを組み立てる際に裏面となる側を表に仕立て、あえてザラつきのある紙質を表現したい場合に用いる加工です。紙本来の温かみのある印象になります。


How did we do?

Powered by HelpDocs (opens in a new tab)